「第三世代行動療法 #認知行動療法 #PTSD治療 #マインドフルネス #瞑想 #ACT #DBT #BPD #境界性人格障害 #マルシャリネハン #戦争帰還兵 #児童虐待 #DV #参加型研修」タグの記事一覧

「Ren Stinson先生の第3世代行動療法ツール活用講座のエッセンス復習+学びの充填フォローアップ+活用実践シェア」 2017年10月21日(土)大阪浪速区民センター 講師:森田ゆり 対象: ●Ren 先生の第3世代行動療法ツール活用講座を受講し、その学びを深めたい人 ●その講座に参加できなかったので、Part I & IIのエッセンスを学びたい人 内容: ①Part I & II で学んだACT とDBTの方法/ツールのエッセンスを復習する。理解が不十分だったことを充填する。受容(バリデーション)と変化のバランスの取り方のディスカッション ②ACTのバリデーション、Defusion 、メイトリックス。DBTの感情調整チャート、TIPP、反対行動、前提。これらを実践に使った方々からの事例報告。 ③今後の実践で、どれをどう活用するかを具体的に検討しあうアクティビティ 定員:40人 参加費:1万円(消費税込み) テキスト: 「特別企画:第3世代行動療法をあなたの支援に活用する参加型研修:トラウマ治療の最前線から~援助している人そして自分自身を慈しむために~」 Part 1&II で使用したテキストを持参のこと。持っていない人には、頒布しますので、その旨を申し込みの際に記入のこと。 申し込み先   http://empowerment-center.net/koza/ 

最新情報

パンデミックによる研修予定変更のアップデート 2021-5-9   ALOHA KIDS YOGA™リーダー養成講座を以前に受講された方! 5月22〜23日の第12回「ALOHA KIDS YOGA™リーダー養成講座」は、ZOOM開催になりましたので、以前に受講された方に限り、受講料半額で参加できます。 大幅に改訂したテキストで開催します。 再受講希望者は申し込みの際、何年の養成講座を受講されたかも付記してください。さらにホームページの<2021年研修スケジュール>へ行き、申し込みの手順に従って、5月14日までに半額料金18500円を振り込んでください。新しいテキストを含む養成講座資料を郵送します。   2021年5月22〜23日 ALOHA KIDS YOGA™リーダー養成講座が 急遽、ZOOM開催になりしました。<2021年研修スケジュール>のページから詳細をご確認ください。すでに申し込まれた方も、参加費の振込を確認できた方に、テキストその他の資料を郵送し、URLをお送りします。     2021年 海外招聘講師の特別企画3月27日〜28日(土日)は政府の新型コロナ感染状況下の外国人入国規制により10月23日〜24日に延期になりましたが、講師の都合により、更に11月20〜21に変更になりました。 すでに申し込まれた方も、お手数ですが、あらためて再度の申し込みが必要です。参加費は当日現金払いですので振り込入金はしないでください。 会場は大阪府高槻市内に確保中です。 「トラウマ治療の最前線から:第3波行動療法シリーズ5 パニック、強迫性障害、PTSDに苦しむ人のためのPE(エクスポージャー)療法を米国のDBT(弁証法的行動療法)全米トレーナーとPEのセラピストから学び、ワンランク上の支援者スキルをマスター   ゲスト講師:ジャッキー・ライト Jackie Wright, LICSW Minnesota Evidence-based Therapy & Assessment Clinic 元ミネアポリス戦争帰還兵病院PTSD治療センター       クリニカルソーシャルワーカー 通訳:森田ゆり 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 同じ講師による2021年3月29日(月)に予定されていた以下のセミナーも、2021年10月25日(月)に延期になり、今回更に11月22日に変更になりました。すでに申し込まれた方も、再申し込みが必要です。参加日の振り込入金はしないでください。 性暴力被害トラウマの効果的治療法 2つ CPT(cognitive processing therapy)と ソマッティクワーク 講師:ジャッキー・ライト  Minnesota Evidence-based Therapy & Assessment Clinic 通訳:森田ゆり 大阪府高槻市   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 「簡潔で的確なコメント力と対話力の高度なスキルアップ 徹底訓練」・・・

特別企画「第3世代行動療法をあなたの支援に活用する参加型研修〜トラウマ治療の最前線から〜Part II」 2017年4月28日 大成功でした。 北海道から沖縄まで全国からの参加者57人が実にたくさんの学びと出会いのつながりとを持って帰られました。 今年のPart IIは主としてDBT(弁証法的行動療法)のエッセンスと技法が、わかりやすい講義、たくさんの事例、映像、グループワークで提示されました。 「感情調整チャート」、感情コントロール法としての TIPP(生体化学反応を変える)や「反対行動」などは、激しい感情爆発を起こしてしまう人、自傷や自殺企図を繰り返してしまうクライアントへの対応に明日からでも使えると何人もの方が述べていました。 マインドフルネスのメッタ瞑想をした後のシェアは、瞑想による多様な反応を知ることができてとても意味深いものでした。 そして最後は、マルシャ・リネハンの凄さの結晶のようなDBTの「前提」。2日目の半日を使った「10の前提」のグループワークは、セラピーや相談支援の仕事の重層的な相互性のあまりに見事な技法化を享受する時間でもありました。マルシャ・リネハンはその相互ダイナミズムを「弁証法」と呼び、それは私の言葉では「エンパワメント」なのです。 この2日間で得た実に多くのことを実践に活用するためのサポートとして、当日の参加者の要望もあり、フォローアップの研修を以下のように企画しました。 また、来年のPart IIIの開催を希望する声が多いので、現在、講師と日程を交渉中です。予定としては2018年4月7〜8日ですが、詳細は10月にこのホームページで案内します。

サブコンテンツ

このページの先頭へ