「本」タグの記事一覧

森田ゆりの書籍・出版物

▶森田ゆりの本はアマゾンで購入できます ▶森田ゆりの小冊子「エンパワメントの道具箱・小冊子シリーズ」はこちら   ▶心の応急手当て         ▶怒りの仮面    ▶アロハキッズヨガ     体罰と戦争:人類の二つの不名誉な伝統(かもがわ出版 2019年4月発行) http://www.kamogawa.co.jp/kensaku/syoseki/ta/0986.html 朝日新聞の読書欄に載りました。 https://book.asahi.com/article/12476217 上野千鶴子さんのNPO法人ウィメンズアクションネットワーク>>女の本棚でも紹介 https://wan.or.jp/article/show/8422   虐待・親にもケアを:生きる力をとりもどすMY TREEプログラム(築地書館 2018年6月発行) http://www.tsukiji-shokan.co.jp/mokuroku/ISBN978-4-8067-1562-7.html 子どもと暴力―子どもたちと語るために 人はなぜ暴力をふるうのか。暴力をふるう子どもたち、暴力を受けている子どもたちにどう接したらよいか。傷つき悩める子どもたちの生命力をとりもどすために、最初の一歩を踏み出そう。最新の学問研究の動向をふまえ、豊富な実践経験から紡ぎだされた本書は、生きるパワーを育むために不可欠な具体的実践的方策を紹介する。 2011年 岩波現代文庫  1,040円+税 アマゾンで購入▶子どもと暴力―子どもたちと語るために     多様性トレーニング・ガイド―人権啓発参加型学習の理論と実践 人間の多様性、文化の多様性を理解し、尊重するための理論と実践を紹介するトレーニングガイド。理論編で多様性の理論・参加型人権研修の理論と方法、実践編で気づき・知識・スキルのトレーニングを解説する。 2000年 解放出版社 3,888円 アマゾンで購入▶多様性トレーニング・ガイド―人権啓発参加型学習の理論と実践     エンパワメントと人権―こころの力のみなもとへ これまでエンパワメントに関する本を読んだ中で、一番分かりやすい本であった。 まず、「人権」を「人が人間らしく生きるために欠かせないもの」として捉え、人間が尊厳をもって生きていくために必要なものとして「安心」「自信」「自由」という三つの権利があるとする。 この三つの権利が奪われている状態から、その人自身が自分のことを大切に思い、自分のことをかけがえのない存在として、自分らしく生きていこうとするプロセスのことをエンパワメントという。またそれは、私たち一人ひとりが誰でも潜在的にもっているパワーや個性を再び生き生きと息吹かせることであるとも言える。 この書は、筆者が長年アメリカで、仕事として人権や差別問題や子どもの虐待に関わってきた経験を通して語られている。子育てに悩む人のみならず、自らの人生を考える上において、多くの示唆を与えてくれる良書である。 1998年 解放出版社 1,836円 アマゾンで購入▶エンパワメントと人権―こころの力のみなもとへ    ダイバーシティ・トレーニング・ブック 多様性研修のてびき 本書は『多様性トレーニング・ガイド』(解放出版社、2000年)をハンディにして、企業や行政などの職場での活用を念頭に置いて執筆・編集した。多忙な研修担当者が、実際に活用できるようにそれぞれの研修のねらい、目的にそった進行の仕方をていねいに示している。また、『多様性トレーニング・ガイド』によって参加者から得た貴重な学びを盛り込み、参加者が自分で考え、意見をかわすことのできる多様性と人権の参加型研修を実施してほしいという願いを込めて執筆している。 第3章のトレーニング・セッションはそれぞれ、「ねらい」「研修の目的」「プロセス」「活動に使用するシート」「ファシリテーター用資料」「コラム」から構成されており、研修担当者が手にとって研修を実際に進める際にすぐに役立つようになっている。トレーニング・セッションでは、パワー・ハラスメント予防、セクシュアル・ハラスメント対策、メンタルヘルス対策など今日的な課題を盛り込んだ。 2009年 解放出版社 2,000円+税 アマゾンで購入▶ダイバーシティ・トレーニング・ブック 多様性研修のてびき   子どもへの性的虐待 子どもをめぐる悲惨な事件の報道が跡を絶たない。いったい、この種の事件の背景に何があるのか。本書では、実態を把握し、抱かれがちな誤解を解き、なぜ適切な介入が困難なのか、解決のためにどうすればいいのかを考察していく。制度改革への緊急提言をも盛り込みつつ、あらゆるいのちに力強いエールを送る「心の救急箱」。 2008年 岩波新書 740円+税 アマゾンで購入▶子どもへの性的虐待     ドメスティック・バイオレンス―愛が暴力に変わるとき ドメスティック・バイオレンス(DV)とは何か、なぜ普段やさしい人が突然暴力を振るうのか、DVをはかるチェックリスト、子どもに及ぼす影響は深刻、暴力男を支える社会事情、加害者・被害者への援助、DV防止・保護法解説などで構成されている。特に文中に数回出てくる「なぜ彼女は彼の(暴力を振るう)もとを去れないのか」の箇所は全ての女性に読んでほしい。総理府調査(2000・2)では命の危険を感じる暴力を夫から受けている人は、20人に1人の割合であり、DVの加害者・被害者は階層・学歴・職歴に関係ないことが証明された。自治体・警察・相談員必須本。 2007年 小学館文庫 657円+税・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ