2015年度の仕事おさめ

11月、12月は毎年全国各地で講演会に呼ばれます。

12月の講演会でとても感動的な出来事がありました。

講演が終わり壇上から降りてくると、小学生の女の子が私の書いた童話館の姉妹本2冊「気もちの本」と「あなたが守るあなたの心、あなたの身体」を持って、近づいてきました。

「サインしてください」

「もちろんよ。わたしの本を読んでくれてありがとう」と言いながらサインしていると、彼女のお母さんが近寄ってきて言いました。

「この子は今8歳。4歳のときに性暴力を受けて、そのときからずっとこの2冊の本を読んできて自分を癒したんです」

お母さんがそう言っている間、彼女は、そう、そう、そうなのよと言わんばかりに、目を輝かせて微笑みながら無言で大きく何度もうなずきました。

わたしは胸が熱くなって涙が出そうでした。

「そうなんだ。すごいね!! 素晴らしい!! こわかったことをお母さんに話せたんだね。すごいよ!! そして勇気をもってこの2冊の本を読んでくれたんだ。えらいね!!」 心からの賛辞でした。

すると彼女は嬉しそうに笑ってまた大きく何度もうなずました。

「ありがとう。こんなに嬉しいこと、めったにないことなの。ハグしてもいい?」

うなずいてくれた彼女をしっかりとハグして、わたしは、世界一幸せでした。

気持ちの本

 

 

性暴力、いじめ、虐待、引きこもりなどで悩む子どもたちが「気持ちの本」を読むことで回復していったという例は、今まで手紙や口頭で何度となく聞いていますが、今回のように直接子どもから知ることは初めてです。

性暴力被害を受けた子どもの回復は、最も身近な大人(多くの場合母親)のその後の関わり方にかかっていると、長年書いたり論じたりしてきたことの見事な例証でした。本が少女の回復をもたらしたのではないです。このお母さんが4歳の娘にやさしく何度も読んできかせてくれたからです。お母さんが、子どものレジリアンシーを信じてしっかりと寄り添い続けてくれたからです。

―――――――――――――――――――――――――――

12月19,20日開催の「性的虐待とDV:エンパワメントとレジリアンシーの方法とスキル」でした。新しい内容でパワーアップした研修の準備に渾身の力を注ぎました。沖縄、鳥取、新潟、関東、長野などなど全国各地からの参加者とどっしりと手ごたえのある2日間を過ごし、心地良い疲労感と共に、翌日カリフォルニアに発ちました。2015年度の仕事収めとなりました。

 

2016年最初の研修は、1月23日、新大阪会場で、「講師塾~講師力をみがく7つ道具と10の技」

http://empowerment-center.net/koza/#koushijyuku

人をひきつける講師となるための3条件と7つ道具と10の技を駆使して、あなたも2016年からは「カリスマ講師」になってください。

あなたの強みを生かした魅力的な講師になるための個別コーチングをします。

仮想の講演のテーマ、時間、対象を考えて来てください。

では、1月23日に新大阪で会いましょう。2016年の抱負もお話しします。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ