マルシャ・リネハンと蓮・スティンソン 「第三世代行動療法」

エンパワメント・センターの今年4月の特別企画「第三世代行動療法をあなたの日々の支援に活用する参加型研修」講師の蓮・スティンソン とマルシャ・リネハンのツーショット写真を下に転載しました。

受講された方々、リネハンの言葉「地獄から抜け出る唯一の道はアクセプタンス」覚えていますか? DBT弁証法的行動療法のバリデーション・スキルを日々の仕事で活用していますか? マインドフルネス、瞑想の練習をしていますか?

蓮とリネハン写真

 

今、世界の最先端心理療法:第三世代行動療法は、従来の認知行動療法の限界を超えて、深刻なPTSD、BPD(境界性人格障害)などの治療に目覚ましい効果を発揮しています。マルシャ・リネハンはそのトップリーダーとしてあまりに有名。治療不可能と言われてきた境界性人格障害を完治させるプログラム「弁証法的行動療法」を開発し世界に広め、また瞑想を教える禅老師でもあります。

近年のNewYork Timesインタビューで、自らが十代にして重症の境界性人格障害を病み隔離病棟に入院していたことを初めて公にしました。完治を待たず退院したとき彼女は、ここに収容されている人々をいつか必ず解放すると誓ったとのこと。それから20余年後、リネハンはDBT弁証法的行動療法をもって、隔離された患者、自殺未遂を繰り返す人々に大きな希望をもたらしたのです。

特別企画案内

4月の特別企画の参加者ほぼ全員が蓮スティンソン講師による研修第二弾の開催を熱望されたので、来年2017年4月の第一または第二の週末2日間で、「特別企画第二弾:第三世代行動療法をあなたの日々の支援に活用する参加型研修・アドバンス編」を開催予定です。

精神科医、弁護士、心理士、教師、介護士等々から学生、サバイバーも、実に多様な立場の人々が全国から集まったことが、4月の研修をとても豊かなものにしました。第二弾もどなたでも参加できます。今年参加できなかった方も内容をキャッチアップできるようにと講師に依頼しています。
案内は、会場が確保できる11月にエンパワメント・センターのホームページで発表します。今年と同じ大阪府高槻市で開催予定です。

 

2 Responses to “マルシャ・リネハンと蓮・スティンソン 「第三世代行動療法」”

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ