「エンパワメントの風」第92号

森田ゆりメールマガジン 「エンパワメント」 第92号

2015年12月5日
==========*==========*==========*==========*==========*==========*
メールマガジンは森田ゆり個人通信「エンパワメント窓」を定期購読さ
れた方で、メールアドレスをいただいた方、「MY TREEペアレンツ・プログラ
ム賛助会員」方にお送りしています。
また、森田がメールアドレスをご本人から直接いただいた方中からも送らせ
ていただいています。ご不要方は返信メールでお知らせください。
==========*==========*==========*==========*==========*==========*

●ALOHA KIDS YOGA ジュニアリーダー10人が、学会で発表

11月21日(金)、第21回子ども虐待防止学会学術集会(JASPCAN)新潟大
会で、こ1年間に渡って実施してきた4つ情短・児童養護施設でヨガ
発表をしました。

最初は10人11歳から14歳少年少女たち、ALOHA KIDS YOGAジュニアリー
ダーが20分間パーフォーマンスをしました。約120人参加者を前にして、
伝統的なヨガアーサナウオームアップをし、太陽礼拝を安室奈美恵hip
hop music でやり、さらに簡単なヨガを観客に教え、最後は一緒に3分間
瞑想で閉めました。

半年前、1年前には、10分とヨガマット上にとどまることが出来なかった
子、すぐに外に出て行ってしまった子、自分内側に集中することがまったく
できなかった子たちも、まるで熟達したヨギように瞑想をしていました。

10人が施設職員方々に付き添われて飛行機で新潟へ。中には初めて飛行
機に乗る子も。会場に直行し、リハーサルをするまでは、ドキドキしていた子
たちです。で白地に真っ赤なハイビスカス上にイルカが泳ぐデザイン
ユニフォームを着て、横断幕前に立ったら、しっかりと自分内側に意
識を集中させて、見事なパーフォーマンスでした。

中華料理屋で打ち上げ振り返りで、「どうだった?」と聞くと、
子も「楽しかった!!」連発。

わたしや付添い職員大人たちは嬉しくて嬉しくて、「あなたたちは、すご
い。」連発。子ども達と打ち上げなに、お腹いっぱい食べてゆったりと
おしゃべりを続けた時間でした。来年は大阪だから25人くらいたくさんで出よ
うね。

わたしが4つ情短・児童養護施設で実施したヨガクラスは11月中頃で180
回。合計約100人子どもたちにヨガを教えた1年と2か月でした。施設
員さんたちサポートに感謝です。

それぞれ施設では、施設職員が ALOHA KIDS YOGA リーダー認定コー
スを修了して、わたしバックアップをしてくれました。今後はそ大人リー
ダーとジュニアリーダーとで、各施設にヨガクラスを根付かせていってもらい
たいです。

1年余りヨガクラス実施効果調査をし、結果を調査研究第一
人者、和田一郎氏に分析してもらいました。

「施設職員は、子どもたち内的変化に有意な効果を見ていることが明らか
になりました。これは先駆的な調査です。子どもを対象にしたヨガ効果調査は
国外にもないで、大人対象先行研究をみると、まず、内的変化が見られ、
後に外的変化が出てくるとこと。33例という少ない数ではあるが、充分
に有意な効果を認めることができた。」と報告してくれました。

10人子どもたち新潟行交通費全額援助を惜しまずしてくださったビン
ディエーテ株式会社野口会長、伊良部社長に心から感謝意を表します。

写真 blogへ http://empowerment-center.net/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●2016年度研修案内パンフレットを作成しました。ホームページに行くとす
ぐに出てきます。ヨガ以外は一つテーマで一年に一度だけ実施です。

わたしが40年間、培った方法やスキルやこつすべてを、あと1年か2年
内に、できるだけ多く日本方々に手渡さなければと思いを強くしていま
す。全力で一つ一つ研修内容を準備しています。そんな熱い思いを受け止め
てくださる方と時間共有を心待ちにしています。

NEW !! 「性的虐待とDV:エンパワメントとレジリアンシー方法とスキル」

2年実践経験を盛り込んで、新しくパワーアップしたコンテンツです。

●性的虐待とDV:エンパワメントとレジリアンシー方法とスキル

講師:森田ゆり
日時:2015年12月19,20(土日) 2日間研修
会場:19日は大阪市市民交流センターひがしよどがわ(新大阪)
20日は高槻市生涯学習センター(JR京都線新快速で新大阪から1駅)

対象:
子ども虐待およびDV当事者支援ために不可欠なエンパワメント
点、最新知識、すぐに使えるスキルを実践的に学びたい方ならどなたでも参加
できます。
福祉、教育、医療、保健、法律、地域活動現場で働く方々は、すでに持つ
知識と経験を、子ども人権を土台にするフレームワーク中にしっかりと収
めていなければプロフェッショナルとして、内的・外的資源を活用することは
できません。こ研修でそ枠組みを学び、多く事例に基づいたスキルとツ
ール使い方を獲得してください

内容:一日目:おもに性暴力

公衆衛生視点重要性
虐待を無くすためにあなた出来る大切な2つこと
怒り仮面と攻撃性本質
性暴力に対応する
性的被害児童:特に思春期子ども場合
性的加害児童:特に思春期子ども場合

厚労省『児童相談所性的虐待へ対応ガイドライン』2011
司法面接  被害児治療:TF-CBT
加害児対応:ティモシー・カーン「回復へり」

内容:二日目:おもにDV

日本で誤って使われている気になる用語本来意味
Empowerment
Resiliency
Vulnerability  脆弱性!?
Pedophilia    小児性愛!?
自由     勝手気まま!?

DVと性的虐待関連性
DV本質:ロールプレイでDV本質を考える
DVが家族ダイナミクスに与える影響
DV子ども発達別影響
マインドフルネス子育て

定員:40人
参加費:20,000円(消費税込)
テキスト:森田ゆり著作3冊
「新・子ども虐待」(岩波ブックレット)
「ドメスティックバイオレンス」(小学館文庫)
「子ども性的虐待」(岩波新書)

申込み・問合わせ:エンパワメント・センター
FAX/留守電:06-6320-1944
URL: http://empowerment-center.net/
Email:empowerment_9@yahoo.co.jp

エンパワメントセンター研修には北海道から沖縄まで全国から福祉、教
育、保健、医療、ビジネス、スポーツ、リクリエーションなど様々な分野
々が参加されます。親、主婦、学生、当事者方も参加され, 異なった経験を
もつ人々、異なった地域から来た人々が少人数グループになって参加型研修
にとりくみます。ここで出会ったつながりは受講生にとって、後も続く貴
重な収穫となっています。

=======★=======★=======★=======★=
*知人・友人方で情報を必要としている方へ転送可
*アドレス変更場合、旧アドレスも添えて返信メールでお知らせください。
エンパワメント・センター ホームページは森田ゆり公式サイトです。
http://www.9.zaq.jp/empowerment_center
*森田ゆりブログ
(旧)エンパワメント・センター・オフィス・ブログ
http://empowermentcenter.blogspot.com/
(新)エンパワメント・センター・オフィス・ブログ2
http://enpowerment-center2.blogspot.jp/
~~~~~*~~~~~*~~~~~*~~~~~*~~~~~*

エンパワメント・センター
〒533-0013 大阪府大阪市東淀川区豊里7丁目31-16-605
FAX/留守電:06-6320-1944(留守電対応です)

サブコンテンツ

このページの先頭へ