「Ren Stinson先生の第3世代行動療法ツール活用講座のエッセンス復習+学びの充填フォローアップ+活用実践シェア」

New ! 

「Ren Stinson先生の第3世代行動療法ツール活用講座のエッセンス復習+学びの充填フォローアップ+活用実践シェア」

2017年10月21日(土)大阪浪速区民センター

講師:森田ゆり

対象:●Ren 先生の第3世代行動療法ツール活用講座を受講し、その学びを深めたい人  ●その講座に参加できなかったので、Part I & IIのエッセンスを学びたい人

内容:①Part I & II で学んだACT とDBTの方法/ツールのエッセンスを復習する。理解が不十分だったことを充填する。受容(バリデーション)と変化のバランスの取り方のディスカッション ②ACTのバリデーション、Defusion 、メイトリックス。DBTの感情調整チャート、TIPP、反対行動、前提。これらを実践に使った方々からの事例報告。③今後の実践で、どれをどう活用するかを具体的に検討しあうアクティビティ

定員:40人

参加費:1万円(消費税込み)

テキスト:「特別企画:第3世代行動療法をあなたの支援に活用する参加型研修:トラウマ治療の最前線から~援助している人そして自分自身を慈しむために~」 Part 1&II で使用したテキストを持参のこと。持っていない人には、頒布しますので、その旨を申し込みの際に記入のこと。

申し込み先   http://empowerment-center.net/koza/ 

#第三世代行動療法 #認知行動療法 #PTSD治療 #マインドフルネス #瞑想 #ACT #DBT #BPD #境界性人格障害 #マルシャリネハン #戦争帰還兵 #児童虐待 #DV #参加型研修 #心理療法 #トラウマ治療 #PTSD #森田ゆり #エンパワメントセンター

2017年2月27日
 話題の特別企画
「第三世代行動療法をあなたの支援に活用する参加型研修~トラウマ治療の最前線から~PartⅡ
リネハン写真
         
2017年4月1~2日(土日)2日間10時~17時  於・大阪府高槻市 
 第三世代行動療法って何?  第一世代(波)~ 第二世代(波)とは? 昨年のPartⅠには、精神科医、小児科医、SW,心理士、教員、学生、当事者家族 保健師、保育士、等々さまざまな立場の50人が、沖縄から北海道まで全国各地から参加されました。その参加者たちの強い要望でPART II の開催が実現します。
  講師Ren Stinson PhD.(ミネアポリス戦争帰還兵病院PTSD治療センター・サイコセラピスト)  通訳 森田ゆり  定員50人 どなたでも参加できます。 Part Iを受講していない方も歓迎。
蓮とリネハン写真
                                                               Ren Stinson 博士とリネハン博士
 
戦争帰還兵病院(VA)はPTSD治療と研究の世界の最先端です。戦争帰還兵トラウマ患者の多くは、子ども時代の暴力被害のトラウマも併せ持っている故に、戦争トラウマの治療は子ども時代のトラウマ治療でもあります。マインドフルネス瞑想、ヨガも取り入れたACTやDBTなど第三世代行動療法として知られる先端治療法の効果を、日々のあなたの支援に活用するたくさんのツールをわかりやすく参加型で学びます。講師のスティンソン博士は世界の心理療法をリードするマルシャ・リネハン博士のDBTプログラムのトレーナーとして活躍しています。

内容紹介

PartIIも昨年同様に、事例を豊富に使った講義と演習が中心です。  

・Part Iで学んだことを支援の現場で活用している昨年の参加者の報告とQ&A

・情動の機能    情動のチャート  情動調整の神経生理学

・情動調整制御のテクニック(支援者・治療者自身の感情制御から始める)

・DBTの4つのツールTIPPを活用する

・マインドフルネスのLoving Kindness をケア支援のガイドにどう使うか

・その他 たくさんのグループワーク

* 一日目終了後 講師を囲んで交流会 @ タイレストラン貸切り  参加費2500

申し込み先   http://empowerment-center.net/koza/ #第三世代行動療法 #認知行動療法 #PTSD治療 #マインドフルネス #瞑想 #ACT #DBT #BPD #境界性人格障害 #マルシャリネハン #戦争帰還兵 #児童虐待 #DV #参加型研修 #心理療法 #森田ゆり #エンパワメントセンター

DCIM117GOPRO

昨年のセミナーPART 1の様子

第三世代チラシ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ